金属アレルギー:実績で実証済みのアクセサリー

原宿の工房で手作りしています。チタンは1998年より金属アレルギーのお客様からアレルギー症状が出ていないと実証済み。その他シルバーアクセサリーに加えて、素材として,Austeniteオーステナイト316L、希少金属タングステンを使い始めました。サージカルステンレスは酸化被膜を完成させました。ただし使用後磨耗によって、酸化腐食される条件が揃ってしまうと、ステンレスも錆びるということが起きます。

ステンレスリング

■tsubakiball


画像は室内の蛍光灯で、下の画像は自然光で撮影された指輪です。
こちらのリングは人気につき21号以外は完売いたしております。大変ご好評をいただき、お取り寄せのご希望にお応えしていますので、返品交換はご容赦ください。
tsubakiball この写真よりも下の画像のような紫がかったグレー調になることもあります。ご注文から4日前後で入荷予定
オーステナイト316Lサージカルステンレスリング参考写真/left=7号 写真/right=18号■tsubakiball (左右ともリング幅は同一9mm)
サージカルステンレスの指輪9号と13号のステンレスリングサンプル 9号と13号


h/ 9mm 材質/オーステナイト・サージカルステンレス316L
単価 : ¥6,500 (税別)
サイズ21号残り6個 :  
9号、11号、13号、15号、17号、19号、については 在庫完売につきお取り寄せ1週間。)1点ものにつき個別に色味が微妙に異なります。サイズ交換はご容赦ください。


     
ペアでご注文の場合でも1個ずつサイズ指定してからカートへお入れください。

リングの色について----------------------------------------
リングtsubakiballの色は、独特の干渉色で、玉虫のような反射をします。
グレー調が強く出る場合もあります。
見る角度により違う色に映ります。これは、ステンレス表層に成膜された
不働態皮膜の色のためで、塗料による着色ではないため、色加工を完全にコントロールできるものではありませんが、もしご希望がございましたら
それを念頭に加工しますよう努力しております。別色はこちらを参照してください。
サージカルステンレスの発色例


■blacksheep

オーステナイト316L
h/ 3mm×3本組  材質/オーステナイト・サージカルステンレス316L
単価 :各 ¥6,500 (税別)
サイズ :
数量  :

3本のリングを一緒にセットで着けるタイプです。1本ではありません。
     



リングtsubakiball同様にリングの色は、化学変化任せな部分が
ありますが、ご希望に応じてなるべく近い色を成膜するよう
出来る限り努力しながら加工し、お届けします。

色加工はお注文をいただいてから行いますため、交換返品は
ご容赦ください。



メイドin原宿 純度100%チタン

長年の実績により金属アレルギーのお客様にご愛用いただいています。

■チタン結婚指輪

 ■nepenta

幅3mm  材質/純チタン100% サイズ16号以上はプラス¥10,000
単価 : ¥25,000 (税別)
サイズ :
数量 :  

        

毎日着けるからコーティングなどいっさい施さない純チタン100%だから毎日使っても純度100%のままです。毎日ご愛用になるのに最適で安全です。チタンは温泉でも海水、洗剤でも変色はありません。

■結婚指輪甲丸もできます

 nepenta 甲丸バージョン ¥25,000+カラー¥6,000税別
2.5mm幅(ラウンドタイプ)リングの幅は2mm~4mmまでお好きな幅で同価格です。コメント欄から記入してください。

数量 :  


買物カゴの中身を確認



サージカルステンレスとは 高品質のステンレスで、耐食性を向上させる ために開発ブレンドされた金属です。 通常のステンレスより硬度がすぐれ、耐久性の 高いジュエリーとなります。tsubakiballの色のあるバージョンと色無しバージョンがございます。

当店のチタンは純チタン100%のノンアレルギー純チタン100%です。チタン合金は一切使用しません。
アトピー性皮膚炎や金属アレルギーでご心配な方は、渋谷ショールームへお越しいただき、実際の着け心地をお確かめいただけます。

チタンフルオーダー1点ものは原宿のプロドットコムショールームの純チタン結婚指輪にてオーダーメイドできます


オーステナイトsus316Lとは、通常のステンレスより、耐粒界腐食性を高めるため炭素の含有量を0.030%以下に下げることで、極低炭素型に改良されグレードアップされた鋼種。シルバー925のように変色しない利点があります。医療の現場で使われる素材で、普及していましたが、現代では医療器具もさらに安全なチタンにシフトしています。ネット上では古い情報によりステンレスが安全との書き方をされたままになっているサイトがあります。特に、金属アレルギーリスクに完璧に対応するアクセサリーをご希望の場合は純チタンリングをお奨めしております。

*ステンレスが錆びるかどうか、だれでも簡単な実験ができます。シンクのステンレスに缶詰の缶をたった数十分放置しただけで、または塩分や脂分によってステンレスの保護被膜が空気と遮断された環境を作ることで目視できるくらい錆が出始めます。スティールという鋼種としては改良を重ねられてきたステンレスですが、完全に金属アレルギーにならない金属との認識は改め、サージカルステンレスとは、それ以外のステンレスは安全ではなく、銀より比較的に色が変わらない鉄だという程度の認識に留めるべきと考えます。

マリッジリング とチタンリングについて
(c)2006-2015 ムゲン copyright all rights reserved